貧乏暇なし 酒造免許進捗状況 修正書類提出

 申告から2か月ちょっと初の追加資料と修正書類の提出がありました。

 各種追加書類は

 原料アルコールの見積書

 会社のパンフレット一式(パンフレットといったたいそうなものはないのでチラシです。)

 小物備品の見積書・・・ビーカーやらメスシリンダーやらメスフラスコやら計量カップやら。モノタロウで見積取るのどうするんだろう?画面キャプチャー?と思ったら注文カゴに入れて決済少し手前に見積書のボタンが!!素晴らしいぞモノタロウ!!

書類のミス記載の訂正 ・・・「資本金が十倍になっているので直してくださいw」

設備・備品の一円単位の見積・・・普通はざっとした概算ですが酒造免許では1円単位でしっかりと書類を出さなければならないとのこと。

 先輩たちに聞いてみると免許申請時には最低限の設備で申告して、免許降りてから細かな物品を買わないと、ボールペン一本から見積書や領収書の添付を言われるぞーと

 シンプルで最低限が基本だそうです。また、個人で細かく買うと大変なので醸造設備の販売元に一括見積するのが楽ちん。貧乏だとこの点も大変です。

ちなみに、DIYで作ると、作り終わったら材料の領収書のコピーをすべて提出しなければなりませんのでこの辺も一括工務店見積にてオーダーできる余裕があると非常に楽ちんです。

貧乏暇なしはこういった面もあるのです。


検索:#酒造免許 #リキュール製造免許 #ボタニカル #リキュール #カクテル #東京クラフトリキュール #超小規模蒸留所 #DIY蒸留所

#クラウドファンディング #板橋区



東京クラフトリキュール/小規模手作りリキュールメーカー

2018年春 東京・板橋で操業予定の小さなクラフトリキュールメーカーです。 製造規模では国内最小規模の蒸留器で小規模生産のクラフトリキュールを作りを始めます。 コンセプトは国産の果実やハーブを使用し世界にないお酒を造る事。 小規模生産の強みを生かして大手メーカーでは作らないような変わった材料やレシピでプロフェッショナル向けのリキュールを作る事。

0コメント

  • 1000 / 1000