やっぱりその書類必要です。

 免許申請、9ヵ月めに突入

昨年、12月22日に免許申請をしてから丸8ヵ月経過し9ヵ月めに突入した。


審査が長引いている理由として

 個人資本に近い超小規模の酒造メーカーの申請の前例が少ないこと。

 リキュール免許の新規申請が東京ではおそらく初であること。

 発酵や蒸留が絡むリキュールの新規免許申請がおそらく日本で初であること。


と色々と前例がないので時間がかかる。

と説明されてきたが・・・・


これとは別に裏ルールなるものが存在するらしく。

1.面倒な審査は細かい書類不備で審査停止になってほっとく。普通は連絡するけど、免許申請をあきらめてほしい場合は連絡しない。連絡してこないのが悪い!!「そんなにすぐに審査できません」と言われるがめげてはいけない。定期的に連絡して書類の不備はありませんでしたかと伺いを立てないといけない


2.書類を送付しても届いていないと言われる可能性もあるので、必ず言われていた書類かを確認してもらう手渡しか書類が到着しているかの確認を行う。


3.やっぱりその書類必要です。大概の場合は口頭で説明してその時はそれで結構ですと言われるが後でやっぱり文書化や書類提出や修正が必要ななる。


4.面会が一番。

 電話にて~のような内容で提出してねと言われても、細かい文面で間違いがあったり特殊な表現が要求されるため、謎な書類等は面談してどのような文言がよいですかこれでよいですかと顔を見ながら指導に従って確実にこなす。


 今日、進捗状況を尋ねると、前回の書類は国に上がって審査中ですとのこと、一部修正した所をやっぱり再度修正してください。とのことで急いで書類を提出。


新しく取扱っていただける予定の酒屋さんが増えました。

ミードに強い酒屋さんなのでコラボ商品色々作りましょうと

ミードの○○を蒸留して新しいリキュールに

などなど全く新しい酒が生まれそうな予感です。

よろしくお願いいたします。


検索:#酒造免許 #リキュール製造免許 #ボタニカル #リキュール #カクテル #東京クラフトリキュール #超小規模蒸留所 #DIY蒸留所

#クラウドファンディング #板橋区

東京クラフトリキュール/小規模手作りリキュールメーカー

2018年春 東京・板橋で操業予定の小さなクラフトリキュールメーカーです。 製造規模では国内最小規模の蒸留器で小規模生産のクラフトリキュールを作りを始めます。 コンセプトは国産の果実やハーブを使用し世界にないお酒を造る事。 小規模生産の強みを生かして大手メーカーでは作らないような変わった材料やレシピでプロフェッショナル向けのリキュールを作る事。

0コメント

  • 1000 / 1000