Ryuu

記事一覧(91)

昔と違う原料アルコール事情

 メイン商品のベースアルコールを何にするか? 現在流通している主流はモラセス、つまりサトウキビ原料。モラセスは(砂糖精製時に最後に結晶化できない甘い糖蜜部分)。ほんの数年前まではモラセス以外は米、小麦、コーン、ジャガイモなど原料がはっきりしないミックスが主流で作り方も・・・・。知らない方が良いかもなのが現状だったらしいが 今は、非常にクリーンにそして米やコーンなんかも選べる。 今回仕入れるベースアルコールはどの原料でも約11m、120段の連続蒸留器で精製されて基本無味無臭。製品の検査項目も残留農薬から不純物のメタノール、アセトアルデヒドなどのその他のアルコール類、重金属、塩化物、硫化物まで分析限界以下と保障されており昔の原料アルコールとは違い悪酔いするとされる成分は一切含まれていない。 試飲サンプルを出してくれるということで、実際に試飲してみた。用意したのはモラセス、コーン、米、某50%のス○○○ウォッカ。原料アルコールは95%そのまま、半分に加水、3倍に加水で比べてみた。驚くほど差がない。さすがにウォッカは製品化されているだけあって明らかにアタックがマイルドで柔らかいが味は大差ないぞ!原料別の原料アルコールを比べてみると若干、アルコールに厚みがある、アルコールのアタックの強弱、ほのかな香りで判別できなくもないけど、訓練をしてなければわからないぐらいの差しか感じない。 オレンジジュースやパイナップルジュースで割ってみると、柔らかさに差を感じやすくなった。原料の相性の所為もありモラセスが一番柔らかく仕上がる。ラムとフルーツは相性が良いせいなのだろうか?差を無理に表現すると米 若干の旨味を感じてバランスが良い。モラセス ややアルコールの刺激が強いがフルーツとの相性が良い。コーン 若干の香ばしさを感じる。そのまま飲むならば一番良い。と思った。その結果、しばらくは米のベースのアルコールで行く事にしました。某、京都のメーカーでも採用されてらしいです。米アルコールは日本で流通している原料用アルコールでは一番上質とされていて、一番高級、流通期間も限られていたりと色々気難しい奴ではある。 ベースアルコールの違いはなかなか経験できるものではないので(一般にはまず流通していない)貴重な経験でした。

レモンバーベナ/香水木

レモンバーベナ/Lemon Verbena学名:アロイシア・シトロドラ/Aloysia citrodora別名:コウスイボク/香水木・ボウシュウボク/防臭木クマツヅラ科コウスイボク属の落葉低木 耐寒性あり レモンの香りがするハーブでは一番受けが良い香り、上品なレモンの香り。 野外でも鉢でも比較的育てやすいが枝がヒョロヒョロと頼りなく伸びるので支柱で支えてやり適度に剪定してあげないと倒れて全滅してしまうことがある。病気の方は罹っているのを見たことがないがその分、結構虫に食べられてしまう。対策しないと穴だらけに・・・・。挿木でガンガン増やせる。冬は落葉するけど、東京では無事越冬可能、寒い年でも耐える。また春になると芽吹く。葉だけではなく枝も長くレモンの香りが残るので何かクラフトで使えそう。学名: Aloysiaは人名由来。 1788年から1808年にかけてスペインの女王妃「Maria Luisa of Parma」 アルゼンチン、チリ、ペルー原産でスペインまたはポルトガル経由で持ち込まれてヨーロッパに広まったようなので  citrodoraはレモンの香りがする・利用 サラダ、ハーブティー、シャーベット、飲料の香り付けと大活躍。 お酒の材料としてはフランスのプロバンス社/レモンバーベナパジェス ヴェルヴェーヌ ドゥ ヴェレ  55%/フランス日本の蔵王ベルベーヌ~レモンバーベナのリキュールがメインに使っている。アクアランカ 45% /フランスヴォルカニック・ジン 42% /スペインが材料の一部として使っていることを公表している。 消化不良、吐き気、乗り物酔い、軽い覚醒作用、鎮静、消化促進、食欲増進 消化促進や目覚め、気分転換、集中力を高めたいときのハーブティーやアロマのブレンドによく使われる。 明治末にコレラが流行ったときに、コレラ除けとして使用されたことがあるらしい。成分フラボノイドネラール、ゲラニアール、リモネン、β-カリオフィレン、ゲルマクレンD、α-ファルネセン、α-テルピネオール、シトロネロール、ゲラニオール、ネロール、1,8-シネオール、ネロリドール、スパツレノール、カリオフィラジエノール流通: 苗、ハーブティー、精油