Ryuu

記事一覧(62)

ヒソップ

学名:ヒソップ・オフィシナリス /Hyssopus officinalis別名:ヤナギハッカ   シソ科ヒソップ属の多年草。小低木化する。 紫、ピンク、白と花の色で品種が区別されて流通しているが紫色の花が最もポピュラー、それぞれ微妙に香りが違う。 東京でもよく育ち、越冬可能。初夏頃から開花する。夏の蒸れには少々弱く、夏の少し前に風通しがよくなるように大胆に選定すると夏枯れしにくい。バジルほどではないがシソ科全般の害虫に捕食される。ショウリョウバッタ以外には大きな被害は被ったことはない。 名前の由来は聖書に出てくる浄化用のハーブ「ezov」だとされるが、イスラエル周辺に生えていないので(サウジのアシール地方にあったら面白いんだけど)、別種のシリアオレガノ(バイブル・ヒソップ/Origanum syriacum)だとされているので由来があやふやになってしまっている。この辺ももっと厳密ではなくシソ科全部を一緒くたにezovって呼んでいたかもしれない、だとすると本種にシソ科代表になれるほどの何かがあるのだろうか?・利用 料理用としてはちょっと使いづらいが香りと花の色が良いので料理の飾りにピッタリ。もっぱらハーブティーやお酒の材料として使われる。 お酒では、アブサンの3つ基本ハーブの一つ、シャルトリューズやベルモット全般、多くの薬草系リキュールに使用されている。  抗炎症作用・抗菌作用・去痰・咳止め・口内トラブル・健胃・胃腸の刺激・リウマチ 内服では花と葉をハーブティーにして、抗炎症作用・抗菌作用を期待して喉薬や去痰に使われたりした。なので咳止めドロップやマウスウォッシュなどによく配合されていた。 外用は聖書由来のためか浄化薬としての側面があり入浴剤として重宝された。 ブドウのコンパニオンプランツとしても有名で蜂類を呼ぶので受粉がしやすくなり収量が増えるのと多くの害虫の天敵である寄生蜂もよく呼ぶためと考えられている。蜂と相性がいいので蜜源としても利用されている。成分 ツヨン、ピノカンフォン、カンファー α-ピネン、β-ピネン β-カリオフィレン  流通: 苗、ハーブティー、精油

ベルモットの材料制限「エリキャンペーン」

日本では薬事法が障壁となり使えないボタニカルが結構ある。「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」というリストに載っていて、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」にも載っていないものつまり、「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」に載っている植物かYES   NO →  食品である YES → 使える↓                  NO → 要確認「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」に乗っているYES → 制限付きで使用可能NO → 医薬品なので使用不可という流れになっている。ベルモットの主要なボタニカルの一つエレキャンペーンは医薬品に分類されるので日本での製造では使用できない。※海外製造品については黙認状態。エリキャンペーン/エレキャンペーン/オオグルマ/土木香(どもっこう) Inula heleniumキク科オグルマ属 日本にも、(オグルマ/Inula japonica)が生えているけど資料によっては学名がInula britannica L. subsp. japonicaになっているのでかなり近縁種と言えそうだ。主に根茎部分を使うが、個人輸入で入手した乾燥した品ではあまり香りは感じなくどの辺が土木香なんだ?ごぼうと変わらんぞ?しょうがないので去年あたりから育て始めて今年ようやく開花、根茎は3年ぐらい育ててから使うらしいので来年結果がわかる。 根からイヌリンが発見された植物なのでイヌリンが豊富なキクイモで代用できそうだが・・・東京練馬大泉の環境だと、一年目は春に苗で埋めて、大きな葉っぱが出たが開花はせず、冬は地上部分が完全に枯れる。二年目である今年見事に開花した。

セイヨウノコギリソウ

 セイヨウノコギリソウが開花してました。学名:アキレア・ミルフォリウム/Achillea millefolium別名:ヤロー/ヤロウ/yarrow   プルマジョー/plumajillo /(スペイン語の小さな羽)   ゴルダルド/gordaldo   soldier's woundwort/兵士の傷薬   ミルフォイル/milfoil   ノ-ズブリ-ド/nosebleed/鼻血ヨーロッパ原産のキク科ノコギリソウ属の多年草。 お酒では、ベルモットやアブサン、ジンなどに配合されていたり、スエェーデンではビールの醸造にフィールド・ホップと呼ばれて用いられていこともあったりした。内服では葉と花部をハーブティーにして強壮効果、食欲増進、発汗、解熱作用があるとされる。 外用では止血、傷口を固める効能が古来より知られており、トロイヤ戦争で英雄アキレスが兵士の傷を癒すために使った逸話から学名のアキレアが名づけられた。鼻血の際に止血として使われたことがあることから英語の鼻血を意味するノ-ズブリ-ドの別名で呼ばれたりしている。入浴剤として難治性の外傷や生理痛などの婦人病に使われたとか更に、人だけではなくその癒し効果は植物にも及ぶとされ根から出る分泌液は、そばに生えている植物の病気を治し害虫から守る力があるとされており、コンパニオンプランツとして利用される。傷を癒す逸話が多いボタニカル。成分 リナノール、カンフアー、サビネン、カマズレン、セスキテペン・ラクトン、フラボノイド、アキレイン/アルカロイド、ポリアセチレン、トリテルペン、サリチル酸、クマリン、タンニン流通: 苗、ハーブティー、精油

今頃?原価再計算

昨年、12月22日に酒造免許の申請を行ったのだが・・・今頃になって、原価計算に労務費を入れて再計算したものを提出してください。と今まで一体何をチェックしていたのだろうか?ちなみにこんなやり取りで不安が残る労務費なる項目はどんな内容なのですか?酒税「人件費+水道費用です。」えぇ?もう一度お願いします。酒税「人件費と光熱費です。」「水道は入るのですか入らないのですか?」酒税「水道光熱費です」「確認しますが、人件費、水道、電気、ガスの費用で間違いありませんか?ほかには入りませんか?」「ちなみにどのように算出すればよろしいですか?」酒税「月額から年額を出して製造予定本数で割って一本当たりの値を出して計算してください」追加書類&追加修正でまた10枚ほど書類が増える。どんだけ書類好きなんだろう?ちなみにすでに収支見込や製造計画、原価計算をだしているので単純に割れば算出できるはずなのに・・計算めんどいのか?しかし、5か月以上かかって基本的なことの修正いつ免許取れるのだろうか?検索:#酒造免許 #リキュール製造免許 #ボタニカル #リキュール #カクテル #東京クラフトリキュール #超小規模蒸留所 #DIY蒸留所#クラウドファンディング #板橋区