セイヨウノコギリソウ

 セイヨウノコギリソウが開花してました。


学名:アキレア・ミルフォリウム/Achillea millefolium

別名:ヤロー/ヤロウ/yarrow

   プルマジョー/plumajillo /(スペイン語の小さな羽)

   ゴルダルド/gordaldo

   soldier's woundwort/兵士の傷薬

   ミルフォイル/milfoil

   ノ-ズブリ-ド/nosebleed/鼻血

ヨーロッパ原産のキク科ノコギリソウ属の多年草。

 お酒では、ベルモットやアブサン、ジンなどに配合されていたり、スエェーデンではビールの醸造にフィールド・ホップと呼ばれて用いられていこともあったりした。


内服では葉と花部をハーブティーにして強壮効果、食欲増進、発汗、解熱作用があるとされる。

 外用では止血、傷口を固める効能が古来より知られており、トロイヤ戦争で英雄アキレスが兵士の傷を癒すために使った逸話から学名のアキレアが名づけられた。鼻血の際に止血として使われたことがあることから英語の鼻血を意味するノ-ズブリ-ドの別名で呼ばれたりしている。入浴剤として難治性の外傷や生理痛などの婦人病に使われたとか

更に、人だけではなくその癒し効果は植物にも及ぶとされ根から出る分泌液は、そばに生えている植物の病気を治し害虫から守る力があるとされており、コンパニオンプランツとして利用される。

傷を癒す逸話が多いボタニカル。


成分

 リナノール、カンフアー、サビネン、カマズレン、セスキテペン・ラクトン、フラボノイド、アキレイン/アルカロイド、ポリアセチレン、トリテルペン、サリチル酸、クマリン、タンニン


流通:

 苗、ハーブティー、精油

検索:#酒造免許 #リキュール製造免許 #ボタニカル #リキュール #カクテル #東京クラフトリキュール #超小規模蒸留所 #DIY蒸留所

#クラウドファンディング #板橋区


東京クラフトリキュール/小規模手作りリキュールメーカー

2018年春 東京・板橋で操業予定の小さなクラフトリキュールメーカーです。 製造規模では国内最小規模の蒸留器で小規模生産のクラフトリキュールを作りを始めます。 コンセプトは国産の果実やハーブを使用し世界にないお酒を造る事。 小規模生産の強みを生かして大手メーカーでは作らないような変わった材料やレシピでプロフェッショナル向けのリキュールを作る事。

0コメント

  • 1000 / 1000