レモンバーム/メリッサ/西洋山薄荷

学名:メリッサ・オフィシナリス / Melissa officinalis

別名:メリッサ、セイヨウヤマハッカ、コウスイハッカ   

シソ科メリッサ属の多年草。

 東京でもよく育ち、越冬可能、耐寒性はかなり強い。日陰から日向まで元気に育ち、繁殖力も旺盛で雑草化しやすい。その旺盛な繁殖力と日陰対応力でドクダミのカウンターに使える。名前の通り、レモンの香りが強く、葉にシトラールを含む。

 養蜂の蜜源として利用されていたらしくギリシア語のミツバチが学名の由来。

しかし、日本の養蜂では本当に蜜源になるのだろうか?と疑問視されている。

・利用

 各種香料原料、石鹸~入浴剤、化粧品から調味料までかなり広く使われている。

 お酒の材料としては,単品としては昔のリキュールに一つあるぐらいだが、アブサンの3つの基本ハーブの一つ、ベルモット、ジン、薬草系リキュール全般と使用率はたぶんトップレベルに高い。ほぼなんにでも効くと考えられているのでエリクサー系のリキュールでは必須配合。

 万能薬、抗うつ、鎮静、血圧降下、抗菌、抗ウイルス作用、婦人病

成分

 シトラール

シトロネラール

 β-カリオフィレン

ゲルマクレンD

ゲラニオール


流通:

 種子、苗、ハーブティー、精油


検索:#酒造免許 #リキュール製造免許 #ボタニカル #リキュール #カクテル #東京クラフトリキュール #超小規模蒸留所 #DIY蒸留所

#クラウドファンディング #板橋区

東京クラフトリキュール/小規模手作りリキュールメーカー

2018年春 東京・板橋で操業予定の小さなクラフトリキュールメーカーです。 製造規模では国内最小規模の蒸留器で小規模生産のクラフトリキュールを作りを始めます。 コンセプトは国産の果実やハーブを使用し世界にないお酒を造る事。 小規模生産の強みを生かして大手メーカーでは作らないような変わった材料やレシピでプロフェッショナル向けのリキュールを作る事。

0コメント

  • 1000 / 1000