ベルモットの材料制限「エリキャンペーン」

日本では薬事法が障壁となり使えないボタニカルが結構ある。

「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」というリストに載っていて、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」にも載っていないもの


つまり、


「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」に載っている植物か

YES   NO →  食品である YES → 使える

↓                  NO → 要確認

「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」に乗っている

YES → 制限付きで使用可能

NO → 医薬品なので使用不可


という流れになっている。

ベルモットの主要なボタニカルの一つエレキャンペーンは医薬品に分類されるので

日本での製造では使用できない。

※海外製造品については黙認状態。


エリキャンペーン/エレキャンペーン/オオグルマ/土木香(どもっこう)

 Inula helenium

キク科オグルマ属

 日本にも、(オグルマ/Inula japonica)が生えているけど資料によっては学名がInula britannica L. subsp. japonicaになっているのでかなり近縁種と言えそうだ。

主に根茎部分を使うが、個人輸入で入手した乾燥した品ではあまり香りは感じなくどの辺が土木香なんだ?ごぼうと変わらんぞ?しょうがないので去年あたりから育て始めて今年ようやく開花、根茎は3年ぐらい育ててから使うらしいので来年結果がわかる。 根からイヌリンが発見された植物なのでイヌリンが豊富なキクイモで代用できそうだが・・・

東京練馬大泉の環境だと、一年目は春に苗で埋めて、大きな葉っぱが出たが開花はせず、冬は地上部分が完全に枯れる。二年目である今年見事に開花した。



東京クラフトリキュール/小規模手作りリキュールメーカー

2018年春 東京・板橋で操業予定の小さなクラフトリキュールメーカーです。 製造規模では国内最小規模の蒸留器で小規模生産のクラフトリキュールを作りを始めます。 コンセプトは国産の果実やハーブを使用し世界にないお酒を造る事。 小規模生産の強みを生かして大手メーカーでは作らないような変わった材料やレシピでプロフェッショナル向けのリキュールを作る事。

0コメント

  • 1000 / 1000