どこか和を思わせる幽玄妙味な「トム・ジン 1st 47%」

 いつかアブサンやジンを作りたいなーと思い、十年ぐらい前にいくつかのメーカーにオファーしてみたことがありました。蒸留器に匂いが残るからダメ。その時はあきらめるしかありませんでした。ジェニパーベリーを育てながら時がたち、京都の「季の美」がジンをリリース。すると多くのメーカーがリリースを始めました。季の美のリリースの影響力がいかに大きかったか実感しました。

 東京クラフトリキュールはリキュールの製造免許を目指しているのでジンは作れないのですが、ジンに甘みを付けたお酒。トム・ジンなら作れるのです。

 4つのメイン商品のうちの一つとして考えております。

 予定としているトム・ジンはアルコール47%、甘さ5~7%程度でほんのり甘みがあります。ボタニカルはジェニパーベリーを中心に12種類のボタニカルを配合。変わったボタニカルではミョウガ、和種ミント、青シソ、イブキジャコウソウ(タイムの一種)、クロモジ。どこか和を思わせる幽玄妙味な仕上がりを目指しております。


また、小規模メーカーなのでバリエーションいろいろ考えております。

バラ(高香種)、キンモクセイ、ミント、夏みかん、レモン、ライム、ゼラニウム、スミレ、ニッキ、和種のジェニパーベリーのフレーバーを強めたバージョンなどなど

ちなみに日当たりが悪かったため6本あったジェニパーは現在雄雌各1本に、そして8年目なのに一向に大きくならず実を付けようとはしません。ひょっとして、どちらも♂♂か♀♀の可能性もありますが(笑)広い畑が欲しい・・・。


写真はイブキジャコウソウ

←←トム・ジンのクラウドファンディングの詳細はこちらを参照

検索用:オールド・トム・ジン、国産リキュール、ジャパニーズ・ジン、和製ボタニカル、ボタニカルリキュール、クラフトリキュール、手作りリキュール、ハーブリキュール。


東京クラフトリキュール/小規模手作りリキュールメーカー

2018年春 東京・板橋で操業予定の小さなクラフトリキュールメーカーです。 製造規模では国内最小規模の蒸留器で小規模生産のクラフトリキュールを作りを始めます。 コンセプトは国産の果実やハーブを使用し世界にないお酒を造る事。 小規模生産の強みを生かして大手メーカーでは作らないような変わった材料やレシピでプロフェッショナル向けのリキュールを作る事。

0コメント

  • 1000 / 1000